5 o’clock Journal

モチベーション アップの為のブログです!!!

デートよりゴルフを優先するおじさん達の心理

今日も夜明け前の午前5時に書いております。

この頃、身の回りの世の男性陣を見ているとちょっとした傾向があることが分かりました。それは『男というものは50代になると約7割がゴルフで心身共に充実感を感じるようになる』と言うことです。どんなに女の子と遊んできた“やんちゃ男”もいつの間にか「ゴルフに夢中」になっていることはよくあることです。*1

そんな「只今ゴルフに夢中男」が言うには「女の子と遊んでいるよりゴルフの方が楽しい!」と賜ってしまうわけです。「つい最近までゴルフには興味ない!って言ってたやんけ!」「いやいや、この頃はデートに何ら楽しさを感じなくなってしもうた」なるほどこれは単におじさん現象と捉えていいのでしょうか。

✔ つまりいつか彼女とのデートはゴルフに負ける日がくる

確かにゴルフと彼女を両方楽しんでいる人もいますが、今回扱っている「只今ゴルフに夢中男」は両方を楽しみたいと思っている訳ではなく、あくまでもゴルフの方が楽しいと思っている世の男性陣の話です。実は筆者個人的にもゴルフのプライオリティは高くゴルフをスケジュールを優先にデートをブッキングするパターンが多いのです。

✔ 女子との戯れは楽しいが楽しいだけでゴルフは全く違う

「只今ゴルフに夢中男」は言います「女の子と遊んでも楽しいだけで終わってしまうがゴルフは自分との闘い。難しい分だけ面白い。」とデートはきっぱり断ってゴルフ練習に通っていると言う。彼が女の子と遊ぶと言っても大よそ夜のお店の女の子達で、いわゆるお金を使う分野の遊びだ*2と思っていて良い。さらにその中でも“プライベートな彼女”なる子もいると思われる。

✔ 男はやがて自分と向き合う遊びに帰っていくのか

実は女子との戯れに勝つのはゴルフだけではない。この他に“釣り”とか“トレッキング”とか“キャンピングカー”とか世の男性陣が夢中になりそうなものは軒並み勝っていくだろうと思う。ではなぜ女子とのデートがだんだん他の趣向より優先度合いが低くなってしまうのでしょうか。これは生産性の問題だと思われます。

✔ いくら女子とのデートを楽しんでも生産性はない

確かに筆者もよくデートはするがあまり生産性はないと思っている。つまり、楽しいという要素はあるが何か役立つものではない。お金や時間を使う割には充実感が乏しい=一時の遊びという訳です。又、男女の仲はいつかバランスが崩れるもので非常に不安定なものです。これに対して、ゴルフは練習した分だけ技術が蓄積されます。又、いっしょにコースを廻ると人との広がりもあって充実感に溢れるものです。この2つの要素が大切な訳です。「彼女とゴルフすればいいのでは?」と考えがちですが、人との広がりという点では満足されないのです。

*1:あくまでも50歳以上の既婚しているおじさん達の傾向を記しているので20代や30代の男性陣の傾向ではないのでご注意ください。

*2:これに対するのがお金を使わない遊び、つまり素人を相手にする遊びだが、これはいろいろタブーやリスクを伴うので本来の遊びとは一線を画す。つまりインモラルであるので厳密には遊びとは言わない。